【アメリカの今】アメリカという国

アメリカの現状を、シェアしていけたらと思っています。

George Floyd(ジョージ・フロイド)さん事件の裁判

2020年5月25日、ミネソタ州のミネアポリス近郊で当時警察官だったDerek Chauvin(デレク・ショーヴィン、当時44歳)被告がフロイド氏(当時46歳)の首の部分を膝で9分29秒押さえつけ、フロイド氏は死亡。そしてこの元警官は同年5月29日に逮捕されました。この事件の裁判が3月29日に始まりました。

どんな事件だったのか?

2020年5月25日、お店の店員がフロイド氏が偽札$20紙幣を使用した可能性があるということで、警察へ連絡。そして4名の警察官が現場に出動。警察官が身に着けているボディカメラの映像、近所の防犯カメラの映像、そして周囲にいた人達がスマホで録画した映像などを元に、フロイド氏の窒息死はこのChauvin被告が原因とし、は第三級殺人罪で逮捕されました。4名の警官はこの事件の翌日に解雇されました。映像を見るとフロイド氏は強く抵抗した様子もなく、膝で首を抑える行為はやり過ぎだと批判されました。なお、警察官は毎年色々な訓練を受ける必要があるのですが、このChauvin被告も「窒息の危険性についての訓練」を受けており、知識があったうえでの行為としてその後より重罪である第2級殺人と判断されました

殺人罪の違い

アメリカ50州、殺人罪について細かく違いがありますが、ここでは多くの州が採用している一般的な定義を書いていきたいと思います。 

第一級殺人

自分の意志で、前もって計画したうえで犯行に及んだ場合。つまり、今日ケンカなどをしてその相手を明日殺す計画を立て、それを実行した場合など。

第二級殺人

第一級殺人から計画性を引いたものが第二級となります。前もって殺す計画はなかったけど、殺してしまった場合など。

第三級殺人

第一級でも、第二級でもない殺人を第三級としている州が3つほどあります。この第三級殺人を適用しているのは、フロリダ州、ミネソタ州、ペンシルバニア州のみです。

Chauvin被告の脱税容疑

2018年、Chauvin被告は結婚し、フロイド氏の事件で逮捕される前日(2020年5月28日)に離婚を申請しました。2020年7月22日、ミネソタ州ワシントン群からこの2人は別々に複数の脱税容疑をかけられました。ちなみにこの2人は共同収入を過少報告したからです。そしてその申告漏れの額は、なんと約4600万円($464,433、1ドル=百円計算)。

裁判開始

この裁判は1ヵ月ぐらいかかるだろうと言われています。12人の陪審員は匿名で、テレビで放送されている裁判の様子でも映されることはありません。そしてこの裁判の様子は、毎日テレビで見ることができます。この12人の陪審員は黒人男性3人、黒人女性1人、白人男性2人、白人女性4名、multiracial(多民族)の女性2人という構成です。

ミネソタ州では第2級殺人だと最高40年の禁固刑です。そして最近、第三級殺人としても起訴しました。第三級ですと最高25年の禁固刑です。ちなみにこの被告は無罪を主張しています。そして被告の弁護士はフロイド氏は薬物の過剰摂取が原因で死亡したと主張。

hung juryとは…

アメリカの陪審員制度では、有罪または無罪の評決には全員一致が必要。それが無理な場合hung jury(評決不能)となり、再度新たな陪審員を集め裁判をやり直さなければならなくなります。hung juryとなった場合、検察側が要求すれば何度でも裁判のやり直しができますが、通常は多くても2回ぐらいになります。なぜなら裁判には多額の税金が使われるからです。そしてhung juryとなった場合、検察側が起訴を取り下げるか、求刑を軽くするなどして、落としどころをみつけます。

今後どうなる?

もしこの裁判の判決が無罪となった場合、全米各地で暴動が起こるでしょう。なぜならこれは明らかに警察官による殺人だと考えている人が多いからです。ですがアメリカでは、警察官による殺人の場合、無罪になるケースが多いのが事実です。ですが、ここ数年この傾向もほんの少しづつですが変わりつつあります。しかし有罪になったとしても、量刑が軽めなことが多いです。さて、どのようは判決が出されるのでしょうか…。

↓↓ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村