【アメリカの今】アメリカという国

アメリカの現状を、シェアしていけたらと思っています。

ミネソタ州

さて、いま話題のミネソタ州。ちなみにミネソタ州の位置はここです。

f:id:Portlander:20210416033611j:plain

4月11日、20歳のDaunte Wright(ダンテ・ライト)さんをテーザー銃を使うはずだったのに間違えて拳銃を使い射殺した事件で、この女性警察官は第二級殺人罪として逮捕されました。ちなみにこの容疑者は勤務歴26年のベテラン警官でしたが、事件後辞職しました。ダンテ・ライトさんが亡くなった場所は、ジョージ・フロイド氏が殺された場所から10mile(16キロ)しか離れていません。そして警察官が身に着けていたボディカメラの映像も公表されました。

黒人が白人警察官に殺されるニュースがあるたびに、日本のニュースでも報じられコメントを目にすることがあります。そしてよく見かける意見としては、警察官の命令に従わなく逃げたりしたから撃たれても仕方ない…といった趣旨です。確かにアメリカでは誰が銃を持っているか分からないという恐怖感があるということは理解できます。もちろん私も、もし彼があの場から逃げなかったら撃たれる可能性は少ないかっただろうと思っています。ジョージ・フロイド氏の所でも書きましたが、警察官の対応が違い過ぎることが問題なんです。相手がマイノリティーの場合、警察官が発砲することが圧倒的に多いということです。

4月15日、同じくミネソタ州で白人男性(61歳)がMenardsという巨大なホームセンターのお店に行き、マスク着用を拒み、店員を木材で叩いて逃げたという報告があり、警察が出動。警察がこの容疑者の車(白のピックアップトラック)が違う場所のスーパーの駐車場にあるのを見つけ止めようとしましたが、そのまま逃走。

その後どうにか容疑者の車を止めることができたが、その後2台の警察車両に自分の車を当て、なおかつ運転手側に居た一人の警察官を車体のサイドに乗せたまま、早いスピードで逃げました。そして、その間、この容疑者は警察官の頭をハンマーで殴打。これだけのことをしたこの容疑者は、さて警察によって撃たれたでしょうか?

答えは…撃たれませんでした。

 

もちろんアメリカにも人種に関係なく良い警察官は沢山いますが、悪い警察官もいます。悪い警察官の例を3つほど…。

  • 交通違反として車を止め、車内を調べている間に違法ドラッグの入った袋をその車内に置いて、それを発見して運転手のせいにして違法薬物所持として逮捕。
  • 警察官がある男性を背中から射殺。警察官は逃げる人を背後から撃ってはいけないのですが、同僚の警察官が撃たれて亡くなった人のそばに関係のない拳銃を置き、この男性は拳銃を持っていたから撃ったと証言。
  • 2005年から2013年の9年間で、レイプ罪で起訴された警察官の数が405。必要以上に身体の検査と称し体を触ったとして起訴された警察官の数600以上。

私もアメリカに来た当初は、日本にいた時と同じ感覚を警察官に持っていました。親切で、困ったことがあればある程度であれば手助けをしてくれると。サンフランシスコに旅行に行ったときのことです。警察官が近くにいたので道を尋ねました。そしたらその警察官は「今、自分の昼休憩中だから…」とものすごく素っ気なく言われ、そのまま立ち去っていきました。あっけにとられた瞬間でもありましたが、同時にアメリカの警察官は日本と同じように考えてはいけないんだなと学んだ瞬間でもあります。

日本にいた時は、私は警察のお世話になったことはありません。今のところ、アメリカでもありません。ですが、もし人通りの少ない場所で止められたり、もし悪い警官と遭遇してしまった場合などを考えると、正直怖いです。もし自分の車のテールランプが切れいることに気づかず運転をして、それを警察官が気づき私の車を止めようとしたら、私も誰もいない路肩に止めるより、どこかのお店の駐車場まで運転していきたいというのが正直な気持ちです。

もし警察官がトランプ支持者で、アジア人を好まない人だとしたら、どうでしょうか?自分は日本人だから大丈夫なんてことは通じません。もし警察官に違法薬物が入った小さい袋を車の後ろのシートで発見したなんて言われた日には、自分の人生ほぼ終わったも同然になりませんか?

何度も言いますが、良い警察官ももちろんいます。でも、アメリカでは必ずしも警察官=信用できる人とは限りません。

コロナの予防接種の現状

オレゴン州では4月19日から16歳以上のすべての人がコロナの予防接種を受けられるようになりますが、もちろん予約制なのですぐに受けられるわけではないと思いますが…。

オレゴン州のワクチン状況

4月11日の時点で、これまでに290万本分のワクチンがオレゴン州に送られてきました。人口比率に換算しますと、

  • アメリカの平均が10万人当たり7万2444本
  • オレゴン州が10万人当たり6万9415本

となり、若干ですが平均を下回っています。では、なぜオレゴン州は平均より送られてくるワクチンの数が少ないかというと、他の州と比べるとオレゴン州でのコロナ感染者数が圧倒的に少ないからです。4月11日時点で、

  • アメリカの感染者数の平均が10万人当たり9350人
  • オレゴン州の感染者数が10万人当たり4002人

となります。ちなみに10万人当たりの感染者数が最も少ない5つの州は以下の通りです。

  • ハワイ州
  • バーモント州
  • メイン州
  • オレゴン州
  • ワシントン州

ワクチン接種の予定

私はPfizer(ファイザー)のワクチンを受けられることになり、4月15日に1回目の予約を入れました。そして、21日後に2回目になるそうです。アメリカではワクチンの接種がドライブスルーで行われている場所もあります。私はアレルギーなどはないのですが、アナフィラキシーショックの心配もゼロではないのでERなどがある大きな病院で受ける予定です。そして、報告されている副反応が色々とあります。

  • 疼痛、注射部分の発赤または腫れ
  • 発熱
  • 疲労
  • 頭痛
  • 筋肉痛 / 関節痛
  • 吐き気
  • 悪寒
  • リンパ節腫脹

これらの副反応の中、1つ以上が最初の接種後最大4人に1人。2回目の接種後最大2人に1人に生じると言われています。

本当は2回接種のPfizer(ファイザー)より、1回で済むJohnson & Johnson(ジョンソン&ジョンソン)が希望だったのですが、最近アメリカのCDC(疾病対策センター)とFDA(食品医薬品局)が共同で声明を発表し、ジョンソン&ジョンソンのワクチンを接種した人の中で脳の静脈に血栓ができたという報告が6例あったそうです。いずれも18歳から48歳の女性で、接種後6日後から13日後に発症したそうです。そして、調査が終わるまでアメリカ国内ではこのワクチンの接種を一時停止するように求めました。というわけで、私はPfizerのワクチンとなりました。そして念のため、料理の作り置きなどを前日にしておく予定です。

Wish me luck!

George Floyd(ジョージ・フロイド)さん事件の裁判

2020年5月25日、ミネソタ州のミネアポリス近郊で当時警察官だったDerek Chauvin(デレク・ショーヴィン、当時44歳)被告がフロイド氏(当時46歳)の首の部分を膝で9分29秒押さえつけ、フロイド氏は死亡。そしてこの元警官は同年5月29日に逮捕されました。この事件の裁判が3月29日に始まりました。

どんな事件だったのか?

2020年5月25日、お店の店員がフロイド氏が偽札$20紙幣を使用した可能性があるということで、警察へ連絡。そして4名の警察官が現場に出動。警察官が身に着けているボディカメラの映像、近所の防犯カメラの映像、そして周囲にいた人達がスマホで録画した映像などを元に、フロイド氏の窒息死はこのChauvin被告が原因とし、は第三級殺人罪で逮捕されました。4名の警官はこの事件の翌日に解雇されました。映像を見るとフロイド氏は強く抵抗した様子もなく、膝で首を抑える行為はやり過ぎだと批判されました。なお、警察官は毎年色々な訓練を受ける必要があるのですが、このChauvin被告も「窒息の危険性についての訓練」を受けており、知識があったうえでの行為としてその後より重罪である第2級殺人と判断されました

殺人罪の違い

アメリカ50州、殺人罪について細かく違いがありますが、ここでは多くの州が採用している一般的な定義を書いていきたいと思います。 

第一級殺人

自分の意志で、前もって計画したうえで犯行に及んだ場合。つまり、今日ケンカなどをしてその相手を明日殺す計画を立て、それを実行した場合など。

第二級殺人

第一級殺人から計画性を引いたものが第二級となります。前もって殺す計画はなかったけど、殺してしまった場合など。

第三級殺人

第一級でも、第二級でもない殺人を第三級としている州が3つほどあります。この第三級殺人を適用しているのは、フロリダ州、ミネソタ州、ペンシルバニア州のみです。

Chauvin被告の脱税容疑

2018年、Chauvin被告は結婚し、フロイド氏の事件で逮捕される前日(2020年5月28日)に離婚を申請しました。2020年7月22日、ミネソタ州ワシントン群からこの2人は別々に複数の脱税容疑をかけられました。ちなみにこの2人は共同収入を過少報告したからです。そしてその申告漏れの額は、なんと約4600万円($464,433、1ドル=百円計算)。

裁判開始

この裁判は1ヵ月ぐらいかかるだろうと言われています。12人の陪審員は匿名で、テレビで放送されている裁判の様子でも映されることはありません。そしてこの裁判の様子は、毎日テレビで見ることができます。この12人の陪審員は黒人男性3人、黒人女性1人、白人男性2人、白人女性4名、multiracial(多民族)の女性2人という構成です。

ミネソタ州では第2級殺人だと最高40年の禁固刑です。そして最近、第三級殺人としても起訴しました。第三級ですと最高25年の禁固刑です。ちなみにこの被告は無罪を主張しています。そして被告の弁護士はフロイド氏は薬物の過剰摂取が原因で死亡したと主張。

hung juryとは…

アメリカの陪審員制度では、有罪または無罪の評決には全員一致が必要。それが無理な場合hung jury(評決不能)となり、再度新たな陪審員を集め裁判をやり直さなければならなくなります。hung juryとなった場合、検察側が要求すれば何度でも裁判のやり直しができますが、通常は多くても2回ぐらいになります。なぜなら裁判には多額の税金が使われるからです。そしてhung juryとなった場合、検察側が起訴を取り下げるか、求刑を軽くするなどして、落としどころをみつけます。

今後どうなる?

もしこの裁判の判決が無罪となった場合、全米各地で暴動が起こるでしょう。なぜならこれは明らかに警察官による殺人だと考えている人が多いからです。ですがアメリカでは、警察官による殺人の場合、無罪になるケースが多いのが事実です。ですが、ここ数年この傾向もほんの少しづつですが変わりつつあります。しかし有罪になったとしても、量刑が軽めなことが多いです。さて、どのようは判決が出されるのでしょうか…。

はじめまして

こんにちは。このブログではアメリカのニュースを分かりやすく説明していきたいと思います。実際にアメリカに住んでみて、初めて知った事や感じた事などを週に1度ぐらいのペースでシェアしていけたらと思っています。

 

みなさんは、アメリカに対してどんな印象をお持ちでしょうか?ハリウッド映画や旅行で行ったことのあるハワイやニューヨーク、ラスベガスにサンフランシスコなどと言った観光地での思い出などがある方もいらっしゃると思います。私もアメリカで生活する前は、友達とハワイに一度行ったことがあるだけですが、アメリカでの生活は日本とさほど変わらないだろうと考えていました。もちろん、言葉の違いや医療費が高いなどの一般的な知識はありましたが…。そして実際にアメリカに住み始め15年以上になりますが、アメリカに来る前と、アメリカに来てからの最初の数年、そして今現在、色々な体験をし学ぶことがありました。もちろんこれらは、現地に住んでいるからこそ感じることだと思います。

オレゴン州ってどんなところ?

さて、まず最初に私が住んでいる西海岸のオレゴン州ポートランドについてご説明を。オレゴン州はBlue State (つまり民主党支持)ですが、実はオレゴン州全体からみると共和党支持している地域の方が断然多いです。オレゴン州には36のカウンティ(群)がありますが、そのうち10のカウンティがBlue(民主党支持)で、残りの26カウンティがRed(共和党支持)です。

f:id:Portlander:20210403103818j:plain

オレゴン州の州都であるSalem(セイラム)があるMarion County(マリオン群)やPortlandがあるMultnomah County(マルトノマ郡)、そしてPortland周辺にあるClackamas County(クラカマス郡)やWashington County(ワシントン群)など住民の数が多い群はBlue(民主党支持)もしくは、Blueになりがちです。

 

人が多く住んでいる場所、つまり仕事があったり、大学があったり、国際空港があったりすることが多いです。こういう場所は人の出入りが多く、外国人も多く住んでいたり、違いを受け入れることができる人が多い印象があります。こういうBlueな地域はリベラルです。リベラルとは、「個性を重んじる、個人の自由、自由主義」という意味です。

 

その反対がRed(共和党支持)です。農業地域や人口が少ない地域がメインです。アメリカ全土で言うと中西部や南部が多いです。そして一般的には白人で保守的で敬虔なクリスチャンの人が多いと言われています。共和党支持者でも幅が広く、クリスチャンでLGBTQや堕胎に反対なので共和党という人もいれば、ただ単に白人至上主義的な考えを持っていて白人以外は受け入れないという人もいます。この点については、後で書いていきたいと思います。

 

私がオレゴン州に住み始めたころ、州内の色々な所に長距離ドライブに行きました。その時道に迷ったことがあり、その付近にいらっしゃった70歳代の白人男性に道を尋ねました。今でも鮮明に覚えているのですが、その方はとても親切にしていただいたのですが、最後に「be careful around here(この付近は気を付けてね)」と言われ肩をポンと叩かれました。言われた時は私はピンとこなかったのですが、一緒にいたアメリカ人はすぐに察していました。今考えてみると、そこは地図上で見ると赤い地域。そしてオレゴン州にもKKK(クー・クラックス・クラン、白人至上主義団体)が存在していた歴史的背景があります。

マジョリティ(多数派)とマイノリティ(少数派)

それでは、今アメリカで起きていることを書いていきたいと思います。今現在、白人がマジョリティ(多数派)でBlack、Brown、アジア人などがマイノリティー(少数派)です。ですが、毎年マイノリティーの数が増えてきて、2045年には比率が逆転して白人がマイノリティーになると言われています。さて、ここで質問です。多数派だった白人が少数派になった場合、何が起こるでしょうか?

 

もちろん本当に何が起こるかは分かりませんが、白人が恐れていることがいくつかあります。そのうちの1つが、長年やってきた不公平に対するリベンジ(仕返し) が来るんじゃないかという不安です。

 

日本でもニュースで知っている方もいらっしゃると思いますが、白人警察官により殺させる黒人の数が多いということ。Black Lives Matterというムーブメントも有名になりましたね。もちろん、白人、黒人、アジア人、ヒスパニックなど人種に関係なく悪い人は存在します。問題になっているのは、警察の対応が人種によって異なるということです。同じような事件がおきた時、犯人が黒人やヒスパニックの場合、警官によって殺害されることが多いですが、犯人が白人の場合、撃たれずに逮捕されることが多いです。

白人の場合

これは一例ですが、2015年6月サウスキャロライナ州で当時21歳だった白人が黒人が集まる教会に行き突然銃を乱射し、黒人9人を殺害。その後、車で約400㎞離れた所で警察に逮捕されました。そして、警察署までの移動の間、お腹が空いたと警察官に言い、なんとその警察官がファストフードのBurger Kingへ寄り食べ物を買い与えたというニュースがありました。

 

2019年7月、テネシー州で全裸の白人男性(33歳)が4人の警察官を追いかけ、そのうちの1人の警察官の頭部を殴りました。そして、身柄を拘束後、違う警官に唾を吐きかけましたが、彼は普通に逮捕されました。

黒人の場合

では、こちらはフロリダ州の黒人の例を。2019年の8月、当時21歳だった黒人男性が陪審員制度の陪審員に選ばれました。そして翌日の朝9時に再度来るように言われました。ところがこの男性は翌日、寝坊をしてしまい起床したのが朝10時。行かなかった裁判のことは少し気になりましたが、夕方から仕事だったので時間になってから仕事へ行きました。そして彼は仕事中、もしかしたら裁判所から電話がかかってくるかもなぁ。もしかしたら罰金でも払わないとダメなのかな程度の考えでした。数週間後、突然警察官が家に現れました。そして9月に裁判官がこの男性に対し、刑務所に10日間、150時間の地域奉仕、1年間の保護観察、そして$223の罰金を課せました。それに加え、謝罪の声明文まで書かされました。

 

また2020年9月、ニューヨークで当時41歳だった黒人男性が精神不安定になり、家族が警察に電話をして助けを求めました。全裸で武器も持っていない状態だったのですが、警察は男性に手錠をかけ路上に座らせ、頭部に袋をかぶせられ顔を2分間地面に押し付けられた後に窒息死しました。たとえ当時、コロナが大流行していた背景があったとしても、人の頭部に袋をかぶせたらどうなるかぐらい大人なら分かるはずです。

jaywalkingについて

またアメリカでは横断歩道ではない所で道を横切ったり、歩行者用の信号が赤なのに車が来ていないから渡ることをjaywalkingと言います。私が住んでいる所の目の前に2車線の道路があるのですが、交通量がそれほど多い道路ではないので、多くの人がjaywalkingをしています。ですが警察官に切符を切られているのを見たことがありません。ちなみに私が住んでいる地域は、76%が白人、1%の黒人、17%のアジア人と言った比率です。

 

ですが、2019年に行われたニューヨーク市警の調査結果によれば、jaywalkingで切符を切られた市民のうち90%がヒスパニック系もしくは黒人だったという結果が出ています。またバージニア州のアーリントン市では、黒人の割合が10%ちょっとにも関わらず、警察官に止められたことがある歩行者の65%が黒人だったという調査結果もあります。これらを見ても、警察官がマイノリティー、主に黒人をターゲットにしているのが分かります。

ポイント!アメリカ旅行の際は、jaywalkingの切符を切られないように気を付けましょう。